3分で要約!ビジネス書籍

たった3分で日々のビジネスが劇的に変わる!

企業研究

世界最速ビジネスモデル 中国スタートアップ図鑑

中国は今では、 日本よりも著しく、 スタートアップ企業が 誕生しています。 私たち日本人が認知するのは、 彼らが成長し、有名になって、 日本まで名前を轟かせ始めたときです。 そのときには、 すでに脅威となっていることでしょう。 どういうスタートアッ…

戦略・マーケティングの名著を読む

企業の中で、 企画部門やマーケティング部門に 携わっている方へお勧めします。 いったい何から勉強すればよいか。 この部門についていけるのかどうか不安になっていませんか。 ここでは、長い間様々な人に親しまれた名著を紹介し、 皆さんの悩みが解消して…

世界のエリートが学んでいるMBAマーケティング必読書50冊を1冊にまとめてみた

MBAのマーケティング必読書をまとめた1冊 自分のマーケティングスキルを伸ばしていくため、 どんな書籍を読み進めていけばよいか 針路を教えてくれている。 すべての詳細を説明していると、 キリがないため、 ピンポイントに気になったものだけ紹介したい。 …

レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか

レッドブルは あまりにも身近な エナジードリンクである。 レッドブルの味や、 どのような効能を与えてくれるかは 我々は、よくよく知っている。 では、彼らは どこに拠点を置く企業なのか、 創業者はどういった人物なのか、 どのように成功を収めてきたかに…

ハーバード・ビジネス・レビュー2021年5月号

せっかくハーバードビジネスレビューを購読する機会があったので、 レビューしていきたいと思います。 今回のテーマは、「競争と協調」です。 競合のライバル会社と、 戦い続けるか協力関係を結ぶかといった ジレンマとどう付き合っていくのかの特集となって…

逆境経営ー山奥の地酒「獺祭」を世界に届ける逆転発想法

「獺祭(だっさい)」という日本酒をご存じだろうか。 いまや聞いたことがない人はいないのではないかというほど 有名になった日本酒であろう。 獺祭はいかにして有名になったのか、 それまでにどういった苦難があったのかを紐解き、 日本酒業界の構造や、 …

ぷしゅ よなよなエールがお世話になります

よなよなエールで有名な、 ヤッホーブルーイング。 いまでこそ、有名なクラフトビール会社になったが、 創業時代の苦労や、地ビールブームの到来と終焉、 どん底からのチームビルディングなど、 様々な経験を経て、成功を収めてきた。 代表取締役の井手氏の…

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語

100人が100人とも、絶対倒産すると言い切っていた、 メガネ会社オンデーズの企業再生物語。 ドロくさいほどの人間関係。 「金の切れ目は縁の切れ目」といった生々しさ。 発注先や銀行とは縁の切れ目の状態から始まったが、 終始、縁が切れるか切れないかの綱…

売る力 心をつかむ仕事術

セブンイレブンがコンビニ大手三社の中で、 なぜここまで競争力を維持できているのか納得できる一冊 鈴木氏の経営理念、ビジョンがよく表現されており、 本人の熱い想いがビシビシ伝わってくる。 経営者とはかくあるべきと考えさせられてしまう。 ここまで強…

成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?

さくさく読める内容だが、凄く興味深い。 もし、成城石井を、高級品嗜好のスーパーとイメージするのであれば、 今すぐこの本を読むことをおすすめしたい。 成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか 作者:上阪徹 発売日: 2016/08/02 メディア: Kindle版

なぜ今ローソンが「とにかく面白い」のか

ローソンの企業努力や仕組みを知るには適した一冊 簡単ではあるが以下にポイントをまとめた なぜ今ローソンが「とにかく面白い」のか? 作者:上阪徹 発売日: 2016/08/02 メディア: Kindle版