3分で要約!ビジネス書籍

たった3分で日々のビジネスが劇的に変わる!

マーケターのように生きろ 「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動

マーケティングとは、

販売・プロモーションでの活動に留まってはいけない。

 

マーケティングは価値を正しく伝える活動であり、

自分自身の生き方を考えるうえで、

有効なフレームワークとして作用する。

 

マーケターのように生きるとは、

相手基点で物事を考え、

相手が何を求めているのか

仮説・検証を続けていくことだ。

 

本書では4つのステップで紹介している。

それでは、さっそくレビューしていこう

 

 

 

目次

 市場を定義する

 

「価値」とは、それを受け取る相手によって変わる。

 

誰を相手にすれば、

自分を最大限に活かし、

人の役に立つことが出来るのか。

 

「自分が価値を提供すべき相手」を決める必要があり、

その市場はなるべく大きいほうが良い。

 

では、市場の考え方だが、

「人を分類する」ということだ。

 

従来的に、性別、地域、年齢などの

デモグラフィック的な切り口だけでなく、

何を考えているか、どんな習慣があるかといった

サイコグラフィック的な切り口が必要。

 

そうして切り出した市場は、

5つのポイントで判断し、

自分がどの市場で戦っていくべきかを決断する。

 

①市場の大きさ

②市場が毎年どれだけ成長しているか

③どれくらいライバルがいるか

④自分の能力をどれだけ活かせるか

⑤自分の既存事業との相性はよいか

 

価値を定義する

自分が活躍していく市場が定まったら、

「相手が求めている価値は何か」を探っていく。

 

では、「価値」とは何か。

本文では、4種類のカテゴリに分けて説明している。

 

①実利的な価値

 →今すぐメリットがあると思われるもの

②保証的な価値

 →何かあった時に役に立つもの

③評判としての価値

 →ブランドのように、所有していることに意味があるもの

④情緒としての価値

 →精神的に安心を与えるようなもの

 

例えば営業社員を例にするなら、

バリバリ数字を挙げる営業社員は①、

数字は目立たないが、営業チームのまとめ役というのは②

業界で知名度のある営業社員は③

みんなの癒し役な営業社員は④

といった感じだろうか。

 

相手(市場)が求めているのは何かを

理解することは非常に難しい。

 

では、どうすればよいか。

 

マーケティング業界で行われる

アンケートのように、

「雑談」というツールで、

相手や、相手が属する母集団が求める価値を探り、

定義することが成功のカギとなる。

 

価値を作り出す

マーケティングの世界では、

まず最初に「コンセプト」を定めます。

 

なぜその商品・サービスが

市場に存在するのか、

どんな課題を解決するために生まれたのか、

「コンセプト」を決めるのです。

 

その後、マーケティングの6pによって

詳細化されます。

 

プライス:価格

プロポジション:メッセージ性

プロダクト:製品

パッケージ:見た目

プレイス:販路・チャネル

プロモーション:広告

 

そうして、コンセプトと6Pが

市場から受け入れられるのかを

テストし、ブラッシュアップすることがとても重要。

 

自分自身の価値も、

上記の考え方に沿って作っていきます。

 

SNSでの情報発信が、

あなたの価値を市場提供するということになります。

 

twitterやnote、Facebook、インスタ、

各種ブログサービス、youtube

 

あなたというコンテンツを発信し、

あなた自身のコンセプトや6pは

市場から受け入れられるものなのかをテストする。

 

 

価値を伝える

よい商品を作ったら勝手に売れる。

プロダクトアウトの時代はとっくに終わりました。

 

価値を正しく伝える努力を続けることは、

マーケティングの世界では義務となっています。

 

AIDMAというフレームワークがありますが、

ここでは、かんたんに

 

①覚えてもらう

②好きになってもらう

③自分を選んでもらう

 

という3つのステップに分けて説明します。

 

①覚えてもらう

覚えてもらうためには、

3つのアクションが必要です

  1. 繰り返し伝える
  2. 自分事として考えてもらう
  3. 感情に訴えかける

 

まずは、頻度高く繰り返し伝えていくことが

基本のキでしょう。

 

②好きになってもらう

大事なのは「なんとなく」好きになってもらうことです。

 

当たり前のことですが、

最初から熱狂的に

好きになってもらうことはできません

 

先ほどの3つのアクションを続け、

とくに感情に訴えかけることに注力します。

 

③自分を選んでもらう

競合がいる中で、最後の最後、

自分を選んでもらわなければなりません。

 

その一押しのため、3つのアクションを取ります。

  1. 近くまで届ける
  2. 価値を知ってもらう
  3. 付加価値をつける

 

あなたというコンテンツに照らし合わせると、

「近くまで届ける」は、

より多くの場所へ露出し、

接点を持てるように努力するということ

 

「価値を知ってもらう」は、

目の前の相手が求めているものに対し、

自分がどのような価値を提供できるかを

自分の口で発信し、知ってもらうこと

 

「付加価値をつける」は、

相手の役に立つために、

プラスアルファの情報や、

無償の貢献をすることだといえるでしょう。

 

こうして、最後の最後、

あなたを選んでもらえるよう、

あなたの価値を伝えていくのです。

 

 

 

上記の通り4つのステップを通し、

マーケティングの考えを活用し、

あなた自身をサービスとして市場に提供することで

「あなたが必要だ」と言われるようになってくるのです。