3分で要約!ビジネス書籍

たった3分で日々のビジネスが劇的に変わる!

【保存版】経営者のビジョンメイキングにお勧めする特選5冊

企業の持続的な成長を遂げるには、

ビジョンが欠かせないことを私たちは知っている。

 

しかし、大企業ではない限り、

企業のビジョンは、

経営者自身のビジョンと同義になる場合が多い。

 

今回は、企業のビジョンを考えることに加え、

経営者個人のビジョンや想いを考えるのに役に立つ

5冊を厳選して紹介する。

 

 

中小企業の経営者や、

個人事業主に読んでほしい選り抜きの5冊である。

 

f:id:ognamiikusi:20220130185354j:plain

 

 

目次

 

 

ビジョナリー・カンパニーZERO

名著「ビジョナリー・カンパニー」の著者、

ジム・コリンズ氏の最新作。

今まで発刊してきた書籍の集大成でもあります。

 

企業のビジョンを考えるうえで、必要な要素を、

「理念とコアバリュー」、「パーパス」、「ミッション」に分けて解説しています。

 

 

また、永続的な企業になるため、

「人」にフォーカスを当てています。

重要なポストに、然るべき人材が座っているかどうかを、

強調していることも忘れてはいけないでしょう。

 

 

ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則

言わずと知れた名著です。

ZEROから読み始めることもお勧めしますが、

ジム・コリンズ氏の、はじまりの著書でもあります。

 

100年以上も続く、偉大な企業になるためには、

基本理念(基本的価値観と、目的)が必要となります。

 

また、より具体的な実現に落としていくため、

BHAGという概念も押さえておきたいです。

 

簡単な目標だけを達成していても、

偉大な企業に成長していくことはできません。

社運を賭けた大胆な目標(BHAG)にチャレンジし、

達成していくことで、偉大な企業に近づくことができます。

 

 

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう ストレングスファインダー2.0

企業のビジョンは、経営者個人としてのビジョンでもありうる。

経営者個人のビジョンはどうやって決めればよいのか。

 

個人のビジョンは、自分を見つめなおし、

何を達成したいか、何にチャレンジしたいか、

自分の価値観と向き合う必要がある。

 

ストレングス・ファインダーは、

自分の強みや苦手な能力を客観視することができ、

自分自身のビジョンを考えるのに役に立つ。

 

自分の強みが活かされているか、

自分の想いとマッチしているか、

診断結果をもとに、ぜひ振り返ってみてほしい。

 

 

 

 

転職2.0 日本人のキャリアの新・ルール

タイトルは、転職に特化したタイトルとなっているが、

個人のビジョンを考えるうえで重要なヒントが描かれている。

 

当書籍では、キャリアビジョンを、

目的、行動、考え方、価値基準、人間関係の要素に分けて考えている。

 

経営者目線でいえば、キャリアビジョンとは、

「自身は何者でありたいのか」を明確にすることである。

 

自分はどんなポジションとして生きていきたいのか、

経営者としてのスタンス、在り方を考えるのに参考となる書籍だ。

 

 

グロービス流 キャリアを作る技術と戦略

ビジネススクールとして有名なグロービスから執筆された書籍。

自分の人生を真剣に振り返り、

やるべきことが何かを整理するために非常に役に立つ。

 

書籍の内容としては、

座学的な内容ではなく、ワークショップ的に、

自分の考えを整理するためのフォーマットが多く提供されている。

 

書籍に実際に書き込みながら、

自分の価値観や、仕事を通して、どういう人生を送っていきたいかを

アウトプットし、纏めていくことで、

自分自身のビジョンが鮮明になってくる。

 

もちろん、経営者に限らず、

自身のキャリアに悩んでいる人にも役に立つ一冊である。