3分で要約!ビジネス書籍

たった3分で日々のビジネスが劇的に変わる!

【保存版】初心者には絶対に読ませたい財務会計の教科書5選

会計はどのように読めばいいのだろうか。

 

会計の数字が読めるようになると、

ビジネスが分かるといわれるが、

その入り口でつまづいてしまい、

苦手意識を持ってしまう人は数えきれないほどいる。

 

もちろん、私もそのうちの一人でした。

 

会計や決算を読むことをあきらめてほしくないため、

初心者には絶対読んでほしい5冊を厳選し紹介します。

 

 

f:id:ognamiikusi:20220202210133j:plain

 

目次

 

「お金の流れ」がたった1つの図法でぜんぶわかる 会計の地図

会計が分かりにくい、苦手意識がある理由のほとんどは、

「イメージがつかないから」である。

 

財務会計を理解する上で、

PLやBSといった概念を、

イメージしやすい図で分かりやすく整理しています。

 

言葉を覚えるよりも先に、イラストで理解すること。

今まで、ここまでわかりやすく解説している本はありませんでした。

絵で理解すると思い出しやすいですよね

 

 

 

 

 

カンタン図解で圧倒的によくわかる!【決定版】決算書を読む技術

こちらも図解で分かりやすく説明してくれている良書です。

 

実際の企業の決算情報もあわせて解説しているので、

企業のビジネスと、その結果に表れる決算書の数字が

どうつながっているのかがイメージしやすくなります。

 

企業のPL、BS、CFを理解するための、

はじめの教科書といった位置づけになります。

企業活動の結果は決算書に表れます

 

 

 

 

会計思考力

会計数字を読める状態から、

「会計数字を使って考えること」への第一歩です。

 

会計数字を使って組み合わせることで、

企業はどのようなビジネスモデルで儲けているのか、

また、ビジネスモデルの転換にうまくいっているのかを、

分析することが出来ます。

 

どのように数字を使っていけば、

どんなことが分かるのかを、事例とともに学ぶことが出来ます。

 

さあ、会計に使われる側から、使う側へ。

 

 

決算書の比較図鑑 見るだけで「儲かるビジネスモデル」までわかる

財務諸表を理解し、

企業のビジネスモデルを理解するためには、

数をこなすことが重要である。

 

しかし、自分一人で決算書を読み、

ビジネスモデルを分析することは大変な作業です。

 

この書籍では、数多くの企業の決算書と

ビジネスモデルを解説しています。

 

これから自分の力で、

企業を分析していくための演習ドリルです

 

 

「専門家」以外の人のための決算書&ファイナンスの教科書

ビジネススクールで教鞭を執る西山氏の著作。

先述まで紹介した書籍と比べ、

ビジネスに一段階踏み込んだ内容となっている。

 

財務会計から、その企業は安全なのか、収益性はどうなのか等、

細かい指標の計算方法や、内容の詳細解説書である。

 

ある程度、会計が読めるようになってから、

より深いレベルで企業を分析していきたい人にお勧めしたい。

 

まt、あ決算書を読めるようになり、

ビジネススクールにも関心がでてきた人にも読んでほしい一冊だ。

会計のプロへの入門書