3分で要約!ビジネス書籍

たった3分で日々のビジネスが劇的に変わる!

GIVE &TAKE「与える人」こそ成功する時代

仕事の人間関係で悩んでいる人は少なくはないでしょう。

 

誰かに利用されているように感じたり、

親切にすることが、自分のデメリットになるのではないかと

疑心暗鬼になってしまうタイミングは誰にでもあります。

 

GIVE&TAKEの書籍を読んで、

ビジネスで成功する秘訣を紐解きましょう。

 

ビジネスにおける人間関係で、

うまく成功を収めるためには何が大切なのでしょうか?

 

書籍では3つの立場が紹介されています。

 

まず、自分の利益を最優先し、相手からより多くのものを搾取しようとするテイカ

つぎに、損得のバランスをとり、見返りにあった働きをしようとするマッチャー

最後に、相手により多くのものを与えようとするギバー

 

結論としては、

他者志向なギバーとして振舞い、

イカーに対してはマッチャーとして立ち振る舞うことが成功のポイントである。

 

なお、他者志向なギバーとは、

自分のモチベーションとなるような

ギブの活動をすること。

「自己犠牲としてのギブではない」ということだ。

 

 

他者志向のギバーとして振舞うことで、

人からの信頼を得て、結果、収入も大きくなる。

あなたの人生はより豊かになっていきます。

 

では、明日から何をすればギバーになれるのでしょうか。

実はとても簡単なことです。

 

相手により多くのものを与えること。

そしてそれは、他人が求めることであることで、

自分が一方的に思っているものを与えてはいけません。

 

次に、所属するグループ全員が得することができるよう、

パイを大きくする方法を考えること。

例えばですが、売上を伸ばせば、分配する賞与も大きくなります。

 

また、あなたは他人の才能を見抜くことができるはずなので、

その才能を伸ばしてあげることもギバーとしての役割です。

 

時には、あなたの信念やポリシーが脅かされそうになるかもしれませんが、

他人の専門知識を柔軟に受け入れ、頼るようにしましょう。

アドバイスを他人に求めるということも、ギバーにしかできないことです。

 

 

最後に、テイカーにはマッチャーとして振舞いましょうとありますが、

常にマッチャーでいることはお勧めできません。

 

せめて3回に1回は、相手がテイカーだとしても、

ギバーとして、より多くのことを与えてあげることも、

振舞い方としては重要となります。