3分で要約!ビジネス書籍

たった3分で日々のビジネスが劇的に変わる!

頭がいい人の読書術(すばる舎)

読書が好きな方は、

必ず、次の欲望があるでしょう。

「もっとたくさんの本をもっと早く読みたい」と。

勿論、中身の理解をしたうえで、もっと早く読みたい。

 

私もそうです。

そんなかたは是非この本を読んでみてはいかがでしょうか。

頭がいい人の読書術

頭がいい人の読書術

 

 

この本の興味深いところは、

理屈だけでなく、早く本を読むという体験をさせてくれることが

他の速読本とは違うところではないでしょうか。

 

 

大事なことは2つ。インプットとアウトプットである。

【インプット】

本は好きなように読めばよい。楽しくなければ読書ではない。

隅から隅まで読まなくても内容は頭に入る。

本の大事なところは2割程度。あとは読み捨てても構わない。

目次を読んで全体像を把握しておくと頭に入りやすい。

 

【アウトプット】

本を読む目的は、アウトプットありき。

本を100冊読んでも全くアウトプットしなければ、自分の成長はない。

 

本の内容を忘れない仕組みづくりをすること。読書会など。

記憶を定着させるには、1週間経過したら戻って読む。

「反復読書」が効果的であること。

人に本の内容を話することや、

記事を書くだけでも記憶に残りやすくなる。

 

以上、

皆さんもやってみてはいかがでしょう。

分厚い本は途中から、読破することが目的になっていたりしましたよね。

何をアウトプットするかに気を付けて、

ざざっと読書しましょう。